耳管開放症

2022年2月16日

■耳管開放症とは

耳管開放症とは、耳と鼻をつなぐ管(耳管)が開きっぱなしになるために起こる病気です。本来音は耳から伝わって鼓膜を振動させますが、耳管が開きっぱなしだと耳管経由で音(特に自分の声)が伝わって、内側から鼓膜を振動させます。そのため、耳がふさがった感じがしたり(耳閉感)、自分の声・自分の呼吸音が耳に響いたり(自声強聴・自己呼吸音聴取)する病気です。耳管が開放していると不快な状態が続くため、鼻すすりをして強制的に耳管を閉塞させるという癖が続いている人もいます。

急な体重減少、妊娠、体調不良により発症する場合もあります。体重減少などにより耳管周辺の脂肪が減り、耳管がより開放傾向となるためと考えられます。運動し、汗をかいたりすると病状が悪化することがあります。

 

■耳管開放症の症状

耳管開放症は主に以下のようなものが現れます。

  • 耳が詰まった感じがする
  • 音がこもって聞こえる
  • 耳鳴りがする
  • 自分の声や呼吸音が響いて聞こえる(自声強調)
  • 自分の声の大きさを把握しづらい

耳管開放症は、立位(立っている状態)だと症状があらわれ、寝ているときは異常を感じません。

■耳管開放症の診断・検査

診断には症状が確認されることと、耳の中の詳細な観察、聴力検査、鼓膜の検査などが必要です。自分の声が大きく響く、耳がつまった感じがするなどの症状を感じるときには、早めに耳鼻咽喉科を受診してください。

■耳管開放症の治療

漢方薬による治療を行います。60-80%くらいの方に効果があります。また、充分な水分補給で症状が軽減することがありますので、日常的に水分は大目に摂取するよう心がけてください。症状がつらいときは仰向けになるか、頭を下げて体を地面と平行にすると症状が軽減します。

■治療上の注意点

耳管開放症は体重の減少が原因となることが多いので急激なダイエットは避けましょう。体重は減らさずなるべく今の体重を保つよう努力してください。また、鼻すすりによる耳管を強制的に閉塞させるという癖がついている方は、そのせいで中耳炎を繰り返すことも多いです。鼻すすりはしないように注意してください。

2021年5月17日

■耳管開放症とは

耳管開放症とは、耳と鼻をつなぐ管(耳管)が開きっぱなしになるために起こる病気です。本来音は耳から伝わって鼓膜を振動させますが、耳管が開きっぱなしだと耳管経由で音(特に自分の声)が伝わって、内側から鼓膜を振動させます。そのため、耳がふさがった感じがしたり(耳閉感)、自分の声・自分の呼吸音が耳に響いたり(自声強聴・自己呼吸音聴取)する病気です。耳管が開放していると不快な状態が続くため、鼻すすりをして強制的に耳管を閉塞させるという癖が続いている人もいます。

急な体重減少、妊娠、体調不良により発症する場合もあります。体重減少などにより耳管周辺の脂肪が減り、耳管がより開放傾向となるためと考えられます。運動し、汗をかいたりすると病状が悪化することがあります。

 

■耳管開放症の症状

耳管開放症は主に以下のようなものが現れます。

  • 耳が詰まった感じがする
  • 音がこもって聞こえる
  • 耳鳴りがする
  • 自分の声や呼吸音が響いて聞こえる(自声強調)
  • 自分の声の大きさを把握しづらい

耳管開放症は、立位(立っている状態)だと症状があらわれ、寝ているときは異常を感じません。

■耳管開放症の診断・検査

診断には症状が確認されることと、耳の中の詳細な観察、聴力検査、鼓膜の検査などが必要です。自分の声が大きく響く、耳がつまった感じがするなどの症状を感じるときには、早めに耳鼻咽喉科を受診してください。

■耳管開放症の治療

漢方薬による治療を行います。60-80%くらいの方に効果があります。また、充分な水分補給で症状が軽減することがありますので、日常的に水分は大目に摂取するよう心がけてください。症状がつらいときは仰向けになるか、頭を下げて体を地面と平行にすると症状が軽減します。

■治療上の注意点

耳管開放症は体重の減少が原因となることが多いので急激なダイエットは避けましょう。体重は減らさずなるべく今の体重を保つよう努力してください。また、鼻すすりによる耳管を強制的に閉塞させるという癖がついている方は、そのせいで中耳炎を繰り返すことも多いです。鼻すすりはしないように注意してください。

Scroll to Top