鼻がつまる

2021年7月26日

▼舌下免疫療法とは

舌下免疫療法は、アレルギー性鼻炎を根本的に治すことが期待できる治療です。

アレルギーの原因となる抗原を少しずつ体内に入れ、体を慣らすことによって、長期に渡って症状を抑えたり薬の量を減らすことが出来ます。

免疫療法には、注射で行う皮下免疫療法と、薬を舌の下に入れる舌下免疫療法があり、当院では、舌下免疫療法による外来治療を行っております。

舌下免疫療法は、ダニおよびスギ花粉に対して行われており、1日1回少量の治療薬から服用をはじめ、その後決められた一定量を数年間にわたり継続して服用します。口の中の痒みや不快感などの副作用が出ることがありますが、皮下免疫療法に比べると重い副作用は出にくいといわれています。

初回の服用は医療機関で行い、その後は自宅で毎日服用を続けます。

2021年5月20日

ただいま編集中です。

2021年5月20日

ただいま編集中です。

Scroll to Top