みみ・はな・のどクリニック山本耳鼻咽喉科

2021年5月17日

■外耳湿疹とは?

耳は、周りの音を集める耳介(じかい)から外耳道(がいじどう)を通って、鼓膜にたどり着き音を感知します。

この耳介から鼓膜までの通り道となる部位、外耳道の皮膚に起きる感染症を外耳道炎と呼び、この外耳道に湿疹が発生することを外耳湿疹と呼びます。

 

外耳道炎の1つである外耳湿疹の症状は、耳のかゆみや痛み、透明な耳だれなどが挙げられます。

 

外耳湿疹は、治ったとしても外的刺激で再度発症し、繰り返すケースがあり、より悪化する可能性も十分にありますので、違和感があった場合には早めに耳鼻咽喉科を受診することをお勧めいたします。

■外耳湿疹の原因

外耳湿疹が発生する外耳道は耳垢や細菌が付着しやすい部位となります。

そのため、耳掃除で耳をいじりすぎた際に傷ができ、そこから細菌が入り込み湿疹ができる場合があります。

細菌による感染の他にも、アレルギーや外傷、アトピー性の湿疹など様々な原因があります。

■外耳湿疹の検査診断

外耳道の状態を耳鏡で診察し、患部の状態を確認し診断します。

■外耳湿疹の治療

点耳薬や炎症を抑える薬による治療が主になります。

耳を清潔に保つことが重要になりますが、治療中は綿棒、耳かきの使用は避けてください。

外耳湿疹の原因は、外傷、感染、アレルギー反応による発症が多くを占めます。

日常生活においても、外耳道を傷つけないようにする、耳かきや綿棒の高頻度の使用を控えるといった注意が必要です。

耳の中に異変があったり、かゆみが生じた場合は耳鼻科への早めの受診をお勧めします。

2021年5月17日

■耳垢栓塞(じこうせんそく)とは

耳垢栓塞とは、耳垢(みみあか)が溜まってしまって、耳の穴の中(外耳道)をふさいでしまう状態のことをいいます。

外耳道をふさがれてしまうと、音の聞こえが悪くなったり、耳に圧迫感が生じたり、耳鳴りが起こったりする場合があります。

また、耳垢栓塞が原因で外耳炎になることもあります。

■耳垢がたまりやすい原因

自浄作用という人間の耳の機能により、耳掃除をしなくても耳垢が勝手に外に出てくれることが多いのですが、

・子供の場合は、大人にくらべて外耳道が狭いため、耳垢が溜まりやすい
・歳をとるとこの作用が機能しなくなってくる
・耳掃除のしすぎで逆に耳垢を奥に押し込んでしまう
・補聴器や耳栓を使用されている方は耳垢が溜まりやすい
・もともと湿ったタイプの耳垢の方や、耳に水が入り耳垢がふやけた

などの原因で、耳垢がたまり耳垢栓塞になってしまうことがあります。

耳垢栓塞の場合は自分で耳掃除をすると悪化する恐れがあるので、耳鼻科でお掃除することが必要です。

プールやお風呂などで、耳に水が入った際、耳あかが膨張して耳に詰まり、耳垢栓塞の症状が強くでることもあります。そのため、幼稚園や学校のプールの前には、耳鼻科で耳掃除をすると良いでしょう。

■耳垢栓塞の治療

耳鏡で耳の中を見ながら、耳垢鉗子や吸引管などを使って耳の穴を塞いでいる耳あかを取り除きます。治療は、通常1回の通院で済みますが、大量の耳垢がセメントのように固まって詰まっている場合、一度では除去できないこともあります。そのような場合は、専用の薬液を何度か使って耳あかを柔らかくし、数回に分けて取り除くこともあります。

耳垢栓塞になりやすい方や、耳掃除が難しいお子様は定期的に耳鼻科に受診されると良いでしょう。

■ご家庭での耳掃除について

家庭で耳掃除を行う時に、つい全て取ろうとやりすぎてしまうことがあります。その結果皮膚を傷つけて痛みや耳漏を伴う外耳炎になる場合もあります。また、お風呂あがりに毎回綿棒で耳掃除をする結果、ふやけた耳垢を奥に押し込み、完全に閉塞してしまう方もよく見かけます。
子供の場合、耳垢栓塞であっても耳の異常を訴える方は多くありません。これは耳栓をしているのと同じ状態なので、気づかないうちに難聴の原因にもなります。
また、高齢者で、もともと難聴がある方だと、耳垢栓塞による難聴が重なっても本人も周囲も気が付かないで見逃されていることもあります。難聴を放置すると認知症が進行することが分かっていますので、耳鼻咽喉科での定期的な処置で聞こえを良い状態に保つことは、重要で必要なことなのです。
大きな耳垢がある際は、綿棒で書き出すことは難しく奥に押し込んでしまうため、耳鼻科での除去をお勧めします。

2021年5月17日

■低音障害型感音難聴とは

「低音障害型感音難聴」は、低音だけに障害がおこる難聴です。突発性難聴のように急激に聞こえが悪くなる場合もありますが、なんとなく耳が詰まった感じがする、軽度の低音の耳鳴りがするなど、症状が軽く、聴力検査で気づくケースも多いようです。

メニエール病と同様に内耳のリンパ水腫(=内耳の水ぶくれ)が起きるのが原因です。低音障害型感音難聴は、内耳の中でも平衡感覚と関係する前庭ではなく、蝸牛だけでリンパ液がふえ、めまい症状はありません。

■低音障害型感音難聴とは

・耳に水が入ったような感じ
・耳が詰まった感じ
・周りや自分の声が響く
・「ゴー」や「ジー」という低い音の耳鳴り  など

ある日突然、このような耳の症状が現れます。軽いふらつきが出ることもありますが、ほとんどは上に書いた耳の症状です。よく似た病気に、突発性難聴、メニエール病があります。突発性難聴に比べ、急性低音障害型感音難聴は治りやすいのですが、長引いたり、再発を繰り返すことがありますので、自覚症状がなくなったから治ったと考え、治療を中断しないようご注意ください。

■低音障害型感音難聴の原因

内耳のリンパ水腫は体質によるものが多いのですが、睡眠不足、ストレス、体の慢性的な疲れ、風邪などがあると起こりやすくなります。若い人に多い病気と言われていましたが、最近、増えているのが50代、60代、あるいはそれ以上の高齢の方の急性低音障害型感音難聴です。

■低音障害型感音難聴の治療法

薬による治療が中心となります。多くの場合、入院は必要ありませんが、難聴が高度である場合や、治療しているにもかかわらず、難聴が進行する場合には入院が必要になることもあります。

  • 浸透圧利尿剤:イソバイドなど。内リンパ水腫の軽減に効果があります。
  • ビタミンB12製剤:メコバラミンなど。神経障害の修復を助けます。
  • ATP製剤:アデホスコーワ顆粒など。内耳の循環を改善し、エネルギー源となります。
  • ステロイドホルモン:プレドニンなど。内耳の炎症を取り除いたり、過剰な免疫反応を抑えたりします。

多くの場合、数日から数週間以内で治りますが、中には長引くタイプ、繰り返すタイプもあります。この疾患から、同じ内リンパ水腫が原因で起こるメニエール病に移行することもあります。

■日常生活の注意点

メニエール病と同じく、疲れやストレス、睡眠不足などが発症の引き金になるので、発症を抑えるには、規則正しい生活、十分な睡眠、ストレス解消を心がけることが大切です。

 

2021年5月17日

ただいま製作中です。

2021年5月17日

■メニエール病の症状とは

「めまいとそれに伴う耳鳴り・難聴をくりかえす」のがメニエール病です。めまいは一般的には数時間~数日続き、頭痛・耳鳴りや耳がつまった感じを伴うことも多く、めまいの前兆としてあらわれることもあります。気圧の変化で悪くなることもあるため、雨や天気の悪い日に起こりやすい病気です。

症状に波があり、良い日と悪い日があったり、数か月から数年の単位で繰り返したりします。

■メニエール病の原因

メニエール病の原因は「内リンパ水腫(内耳のリンパ液が増え、水ぶくれの状態)」です。内耳の水ぶくれは体質によりますが、その根底にはストレス・睡眠不足・疲労・気圧の変化・几帳面な性格などがあると考えられています。

■メニエール病の検査

〇眼振検査
内耳性のめまいの場合は、眼振といって眼球が揺れてみえます。それを赤外線のメガネで観察します。

〇聴力検査
メニエール病の診断には必須です。低い音を中心に難聴が生じ、低い音の耳鳴りや耳閉感の原因となることがあります。メニエール病の正確な診断は聴力検査の可能な耳鼻咽喉科でのみ可能です。

■メニエール病の治療

飲み薬が主な治療です。内耳のむくみをとる目的で、水薬の利尿薬(イソバイド・イソソルビド)を使うことが多いです。そのほかめまい治療薬や、内耳の機能を改善させる目的でビタミンB12や内耳循環改善剤などを使用することもあります。

めまいや難聴がひどく改善しない場合などは、ステロイドの内服薬や、めまい治療薬の注射を行うこともあります。

■生活上の注意点

ストレスや疲れが原因となっている可能性もあるので、安静にして休養をとってください。十分な睡眠をとったり、ストレスを解決することも重要です。

タバコやアルコール、塩分やカフェインの取りすぎは内耳のむくみの原因となりますので、接種を控えてください。

Scroll to Top