miyamoto

2021年9月13日

■甲状腺結節とは?

甲状腺に1〜数個のしこり(結節)ができる病気です。首のしこりや腫れを自覚したり、他人から首の腫れを指摘されたりする場合もあれば、超音波検査による健診で偶然発見される場合もあります。

甲状腺の機能(血液検査による甲状腺ホルモンの値)に影響がなく、良性と診断されれば、すぐに身体に害を及ぼすことはありません。

甲状腺結節には良性と悪性があります。一部には甲状腺ホルモンを産生する腫瘤がありますので、バセドウ病のような症状が出現することがあります。

▼良性結節

治療は基本的には必要ありませんが、美容面や不快感が強い場合には手術をすることもあります。大きな嚢胞の場合には穿刺して吸引することがあります。

▼悪性腫瘍

がん:甲状腺のがんには以下のものがあります。

  • 乳頭癌:甲状腺癌の90%以上は乳頭癌です。進行が遅く、手術により治すことができます。
  • 濾胞癌:5-6%を占めます。これも予後良好なことが多い癌で、手術により治すことができます。
  • 髄様癌:稀な癌です。遺伝性に認められることがあります。
  • 未分化癌:稀な癌です。進行が早いので早急な治療が必要です。
  • 悪性リンパ腫:橋本病から発生すると言われています。

■甲状腺結節の症状

甲状腺のはれ方には、バセドウ病や橋本病などのように甲状腺全体がはれる「びまん性甲状腺腫」と、甲状腺が部分的にしこりのようにはれる「結節性甲状腺腫」があります。甲状腺結節は20歳代から50歳代の女性に多く、しこりがあるだけで、ほかには何も自覚症状がないのが特徴ですが、大きな結節が食道に接している場合に、飲み込みづらさが出る場合があります。

■甲状腺結節の検査

視診、触診・超音波検査と細胞診で診断します。

  • 視診、触診
    しこりの有無と大きさ、性状(硬さや広がり)などを調べるために、首の周囲(甲状腺の周辺部)の視診と触診を行います。
  • 超音波検査(エコー)
    結節性甲状腺腫は甲状腺の病気で一番多いものです。
    甲状腺超音波(エコー)で調べると、手で触れないような結節も見つかる場合があります。超音波で結節の大きさや性状を詳しく調べることができます。
  • 細胞診
    超音波で結節の位置を確認しながら、甲状腺のしこりに細い針を刺して細胞を取り、顕微鏡でその性質(がん細胞がないか)を判断します。

■甲状腺結節の治療

良性の場合

良性と診断したら、ほとんどの場合、エコー検査で定期的に観察します。良性結節で経過をみる理由は、サイズが大きくなることもあるためです。サイズが大きくなれば、悪性腫瘍(がん)の可能性もあり、また、良性でも治療を要すことがあるためです。手術が必要となる場合は専門の病院をご紹介します。エコーで定期的に甲状腺結節の性状と大きさを観察していきながら、悪性腫瘍を疑う所見がある場合、針刺し細胞診を行うことがあります。また、血液検査で甲状腺がんの腫瘍マーカーの値を参考にすることもあります。

 

悪性の場合

甲状腺がんの場合は、手術が基本です。甲状腺がんは進行が遅いため、たいていはリンパ節に転移したがんも含めてきれいにとることができます。

 

2021年9月13日

■良性発作性頭位めまい症とは

めまいを訴えて受診される中で最も頻度が高く、比較的治りやすい病気であると言われています。耳石と呼ばれる小さな石が、三半規管の中に入り込んでしまうことで発症すると言われています。寝返りを打ったとき、ベッドから起き上がった時など、頭を動かしたときにめまいが起こりやすいのが特徴です。

■良性発作性頭位めまい症の症状

主な症状は、目が回る、フワフワするなどのめまいで、吐き気を伴うこともあります。めまいが生じやすいのは、寝返りをうったとき、寝ている状態から起き上がったとき、急に後ろを振り向いたとき、急に上を向いたときなど、頭を大きく動かしたときです。めまいはたいてい、10~20秒ほどで治まります。

■良性発作性頭位めまい症の原因

良性発作性頭位めまい症は長時間同じ姿勢でいることや、頭を動かさずにいることが原因で起こると考えられています。良性発作性頭位めまい症と診断される約半数が、デスクワーク従事者であるというデータもあります。

また就寝中の寝返りの回数が少ない人や、同じ姿勢で横になってテレビを観続ける人なども、良性発作性頭位めまい症を発症しやすいです。

■良性発作性頭位めまい症の検査

問診や検査で、めまいの起こり方や眼振の有無をチェックします。問診では主にどんなタイミングでめまいが発生するか、どんなタイミングで治まるか、そのほかの症状の有無などを確認します。

■良性発作性頭位めまい症の治療

良性発作性頭位めまい症は自然軽快することも多いですが、めまい止め、吐き気止めなどの薬を用いて症状を緩和する薬物治療を行います。

また、良性発作性頭位めまい症では耳石置換法(めまい体操)という頭位治療が有効です 。これは半規管に入った耳石を半規管の外に導きだし、治癒させる方法です。

■めまいが起こったら

・静かな部屋で、目を閉じて安静に寝る

・翌日もめまいが続いていたら耳鼻咽喉科を受診してください

■日常生活の注意点

・疲れ、ストレス、寝不足に注意してください

・コーヒー、タバコ、アルコール、食塩をとりすぎないようにしてください

・布団の上など安全な場所でわざとめまいを誘発させてください

2021年5月20日

ただいま編集中です。

当院では、診察時のマスクの着用をお願いしています。

日本小児科学会より、子ども、特に乳幼児のマスク着用は保護者や周りの大人の注意が必要と提言がありました。

しかしながら耳鼻咽喉科では至近距離での診察が必要なため、感染リスクを考え、当院では乳幼児でも、診察時のみマスクの着用をお願いしていますので、ご了承下さい。

2020年6月20日

当院では待ち時間を減らし、待合室や院内での密を避けるため令和2年6月22日(月)よりweb予約を試用開始します。

なお、これまで通り予約無しでも診察できますが、診察順は予約された患者さんが優先となりますのでご了承ください。

web予約はこちらからどうぞ

https://airrsv.net/yoyaku3387/calendar

当院では以下のような新型コロナウイルス感染対策を実施しています。

・定期的な院内換気をしています。

・入口に手指消毒スプレーを設置しています。

・風邪症状のある方とない方の導線を分離し、風邪症状のある方は院外で診察しています。

・職員の体温測定、健康状態の把握、アルコール手指消毒、マスク(患者さんと直接接する場合はゴーグルまたはフェイスシールド)の装用の徹底をしています。

・お子様を含め、診察時にはマスクの着用をお願いしています(のどの診察時は、はずしてもらいます)。

・吸入・処置の前にも手指消毒スプレーをしていただいています。

・待合室・吸入ではソーシャルディスタンスをとっていただく配置にしています。

・paypayでの支払いが可能です。非接触型キャッシュレス決済ですので、感染予防できます。

新型コロナウイルス対策のため、以下の点でご協力お願い申し上げます。

発熱・のどの痛み・のどの違和感やイガイガ・咳・嗅覚または味覚の異常がある患者様は、クリニックに到着しましたら院内に入らずに、電話(0144-72-7722)してください。

HPより問診票を印刷していただけるとよりスムーズですが、できない方は風除室に特別問診票がありますので、書き終わりましたらお電話で連絡してください。

高熱や強いだるさ、息苦しさのある方は、受診を控えていただいた上で、苫小牧保健所(0144-34-4168)へご相談下さい。

院内での滞在時間を短くするため、近日中にweb予約システムを導入予定です。
導入しましたらHPでご案内いたしますので、ご利用下さい。

本年も以下のように暦通りとさせていただきますので、ご了承ください。
4/29(水)休診
4/30(木)午前予約検査日
5/1(金)通常診療
5/2(土)午前通常診療
5/3(日)~5/6(水)休診
5/7(木)午前予約検査日
5/8(金)以降は通常通りの診療です。

Scroll to Top